右も左も分かりません

結婚にかかわる色々なことを残すために、色々なことを書きます。

結納当日の振る舞いが分かりません

何はともあれ結納当日。

当日になっても分からないものは、分からないのです。

 

 

 

さて当日。

着付けと色々メイクのため、M氏よりも早く自宅を出て、会場入り。

美容室でなすがままにされます。顔メイク、髪メイク、着付けで二時間ぐらいかかるそうなのですが、ほんとにかかるのかなーと思っていましたが、ほんとにかかりました。メイクって大変なんですね……。

大変といえばメイクさんとの会話も大変でした。何がと問われれば、会話がです。美容院ですら会話が苦痛な私です。リアルでのコミュニケーションなどほとんどとれない私です。会話は一大作業です。メイクさんもそんな奴の会話相手なんて、きっと大変に違いありません。

 互いの出身やら経歴やらを会話しているうちに、見たことがある人が鏡に写っていることに気づきました。どうやら今からヘアメイクされるそうですが………お義母様!!!?

義両親はこのホテルに宿泊しており、当然ヘアメイクもホテルの美容室でするわけで、そりゃ当然ホテルの美容室で鉢合わせをするはずです。これから結納を挙げられるかたは注意、若しくは覚悟をしておくとよいと思います。

幸い?なことに私は着付けフェーズに移行していたため、ずっと隣の席で気まずい思いを抱えることはありませんでした。

 

振袖に着替え、義理の実家との交流&M氏とも合流。こちらの実家も捕まえたところで、エレベーターで最上階にむかいます。

 

ホテルの人が色々と飾りつけをしておいてくれたようで、大体の準備は整っていました。ホテルの人にカメラと最終兵器THETA(シータ)さんを託します。

 TEATAさんは最終兵器であり、全天球カメラで360度の撮影が可能です。そのおかげでいままでのカメラにはないライヴ感ある画像や動画を撮影出来ます。玩具とするには高い買い物でしたが、今でも現役のためよい買い物だったと思います。

 

それでは結納の前に結納の流れの説明です。M氏が家で印刷してきた結納の流れとセリフを配ります。M氏には抜け目がありません。実はそれがホテルの人と打ち合わせしたときの流れと違ったりするハプニングがありました。我々のミスであります。とりあえず手元にある紙の通りにやろうということになりました。

M氏は結納品の並びを確認したり、お金を入れたり、パタパタと動いています。働き者です。私は手持ち無沙汰で若干の気まずさがあります。

それでは結納開始です。

急に緊張して笑いたくなります。緊張すると笑いたくなりませんか?

 結納品一覧の紙を幾久しく受け取り、こちらの家族で回し読みをします。私で最後だったので紙を畳もうとします。

が、

デカい紙でなかなか畳めない。ここでぐちゃぐちゃにしてはこの緊張感のある結納が台無し…ッ!!焦った私がとった行動は、そのまま紙を母親に渡す…ッ!秘技「責任転嫁」!!

 両親があとはなんとかしてくれました。そろそろ結婚しようという人間が両親になんとかしてもらっているのはアレですが、なんとか出来る人がなんとかすればよいのですと開き直ります。

 

結納は順調に滞りなく進めることができました。

最後に婚姻届に両親からサインを貰います。なんだか儀式感があって良い。使うのはもう少しさきなんですけどね。

 

そのあと会食です。

海を見ながら、用意した冊子を読みながら話は盛り上り、兄の名前が間違っている致命的ミスを義両親の前で暴かれ点数が下がっていくのを感じ、あんかけチャーハンに惹かれたのに、月替わりでメニューが変わり、あんかけチャーハンじゃなかったりしましたが和やかな空気で会食も終了。ごはんおいしかったです。あとお酒も美味しくいただきまくりました。飲み放題ですからね!ええ!!

 

着替えを済ませ、義両親にお茶に誘われついていくものの、朝早いのとお酒で眠くなりうとうとと戦っていたりしました。

 

この1日でどんだけ義両親ポイントが下がったのか、考えるだけで恐ろしいです。