右も左も分かりません

結婚にかかわる色々なことを残すために、色々なことを書きます。

式場の決め方が分かりません

それでは式場を色々みたところで、そろそろどこにするか決めようかと思います。

 

 

式場を探すにあたり、人数と日付である程度絞れていたのは幸いでした。

式場は星の数ほどあれど、小規模人数を受け付けているカッコイイ建物の式場となると、数は絞れてきます。それでも帰宅してから2人でもくもくとネットサーフィンを続けるぐらいには数がありました。

中には予約したけど人数でアウトのものや、予約したけど、5月でその結婚式場はやめるというところもありました。

そんな中、条件に合うものを選んで回ってきました。

 

見学してきた式場についてM氏と話し合います。

 

食事会中の間がもつので、八芳園の料理長が強かったりもしたのですが、初心の「かっこいいたてもの」にたち戻ったりして、ふたりのいい写真が撮れるのはどこだ?とか思い返したりして……。

 

結果、三渓園にすることにしました。

庭がでかくて庭の建物もカッコよくて、中でも外でも色々写真がとれそうなのが理由です。

 

 

そこから三渓園を扱っているブライダル会社を幾つか巡り、信頼できそうなところで仮予約をします。しかし2月末で予約しても、12月になるとは……式場ってはやめに動かないといけないのですね……。

 

仮予約が済んだら、両親の予定をおさえにはしります。お互い自分の両親に式場と日付を報告します。

一応、お互いの両親には事前に結婚式や式場の条件を確認し、「二人が決めたのならなんでもいいよ」と特に条件は無いことは確認済みですが、一応ちゃんと確認しておきたいのと、日付をおさえるためです。

こちらの親からは「いいんじゃない?」とのなげやりな答えが返ってきました。日付もあいていたようで問題ありませんでした。

 

 

M氏の両親からは、「電話ができないか」と連絡がきました。

 

ん?

おや?

嫌な予感がしてきます。