右も左も分かりません

結婚にかかわる色々なことを残すために、色々なことを書きます。

旧細川侯爵邸というものがよく分かりません

辻家庭園で得た「文化財」というキーワードを胸にネットを検索してみたところ、

ヒットしました。

 

 

写真でみて格好良い建物でした。庭というところからは少し外れるのですが、とりあえず格好良い建物ということで見に行ってみます。

ブライダル会社のページから予約をするのですが、このブライダル会社はどうやら他のロケーションも扱っているようです。みてみると……あれ?三渓園も!?

 

ここでようやく気づくのですが、式場予約のためには場所を決めるだけではだめで、その式場を取り扱っているブライダル会社が複数個あり、ブライダル会社も決めないといけないらしいのです。勿論式場によっては、ブライダル会社が決めうちになるところもあるようですが。

優柔不断な我々にまた選択肢が増やされました。……なんかこう、私たちにピッタリの式場とブライダル会社を自動で探してくれるソリューションが欲しくなります。ビッグデータとかAIとかなんとかで、なんとかなりませんかねぇ。

 そんなわけで、旧細川侯爵邸の中を見せていただくついでに、三渓園も紹介してもらいます。

 

屋敷の中をぐるぐると見せてもらい、普通に観光としても見ごたえがある中身でした。花嫁花婿のお写真も格好良い格好良い。

 

三渓園の方は、食事のプランや費用のところなど、以前話を伺った会社との違いがメインになります。

そういえば三渓園の方はキャンドル的な火気が厳禁だったり、赤ワインが(溢すと色がとれないから)提供不可だったりするのですよね。

 

旧細川侯爵邸は結婚式場を見にきたというより、文化財見学みたいな感じで写真を撮りまくってしまいました。いい思い出になりました。